ニューヨーカー ブルーのスタッフさんに聞いた
 「2014年秋冬メンズのオススメ服」その4

NEWYORKER本社(秋葉原)にあるプレス・ルームへ
【NEWYORKER BLUE】2014年秋冬メンズのオススメ商品を取材に行ってきた・・・その4。

これがラストの4記事目。
本記事では、めちゃめちゃカワイイフーデットコートと、
超お役立ちしそうなフード・ライナー付きステンカラーコートをご紹介したい♪

フード付きコート2種
 

ニューヨーカーブルー(NEWYORKER BLUE)公式通販ストア 

 

フーデットコート

大きなフードが特徴のフーデットコートは、フードを折り返すと、
衿元にボリュームが出るという、ちょっと変わったデザインのPコートだ。
フーデットコート
 


フードを折り返すって、どういうこと・・・???


これは着てみないとイメージしにくい・・・ということで、
プレスルームのMサイズ(メンズ)を、NEWYORKER BLUEの女性スタッフさんに着ていただいた。

フーデットコート
 

・・・なにがしたいの?!・・・・

思わず、男性スタッフさんが笑ってツッコミ入れた写真が黒↑30コチラ~

ハイ、これは間違い。 フードを折っていませんから(笑)

で、正解はコチラ↓。 フードを折り返すというのは、こういうことなんだそう。
フーデットコート フード
 

なんだか、男女兼用でもいいんじゃないか?というカワイイコートだが、
残念ながら「あわせ」の左右が違うので、男性専用のPコート

素材は、非常に軽くて、やわらかで、暖かいというイタリア製のスライパーニットを使用。
衿を詰めて着ると、さらに暖かそうな感じ~

とにかく、このフードの折り返しが、インパクト大なので。
フードの折り返し
 

ありきたりのPコートでは満足できないというオシャレな男性にオススメしたい!!

 

区切り線
 

ライナー付きステンカラーコート

こちらのコートはライナー付きで、初冬から春先まで、かなり長く着れそうな
ステンカラーコートである。

ステンカラーコート
 

いいなーと思ったのは、取り外し可能なフードが付いているということ。
取り外し可能なフード
 

フード付きでカジュアルなコーディネートを。
フードなしのステンカラーで、ビジネスユースを。

1つで2度美味しいキレイめシルエットのコートである!!

そして注目したいのが、やたらとキレイ色の裏面カラー
挿し色
 

こちらのコートは、ネイビーとベージュの2色展開となっているが、
どちらも、ボンディング生地の裏面が、やたらとキレイカラーなのがポイントなのだ。

また、どちらもニューヨーカーらしいチェック柄の取り外し可能なライナーが
付いている
こと。
チェックのライナー
 

初冬や春先は、ライナーを外してサラっと羽織って、
真冬はチェックのライナー付きで暖かく・・・と便利に着こなせる~♪

比翼仕立てで、ボタンをしめると前はスッキリ。
ボンディグ生地
 

ボンディング生地はコットン100%で、しなやかなハリがある。
裏地は毛70%・ポリエステル22%・ナイロン3%・その他5%なんだそう。

ステンカラーコートというと、オヤジっぽいホワイトや、
薄いベージュ、薄いグレーといった印象があるのだけれど。

こんなキレイな色のコートなら、スーツだろうが、デニムだろうが、チノだろうが・・・
なんだかカッコよく颯爽と着こなせそうだ。

ステンカラーのコート
 

区切り線
 

・・・ということで。
楽しかった【NEWYORKER BLUE】の秋冬メンズの取材は、これでオシマイ。

ニューヨーカー ブルー プレス・ルーム
 

思ったのは「やっぱり、ニューヨーカーの服はいいなぁ♪」ということだ。
【NEWYORKER BLUE】は、本家ニューヨーカーの弟分的ブランドのようなイメージだけど、
高品質・好デザインという点は変わらない。

ニューヨーカー ブルー
 

本家より、若干お安い品揃えではあるけれど、
ファストファッションブランドと比べてしまえば、やっぱり高い。
おケチなワタシは、SALEでもないと、ちょっと手が出しにくい・・・というのが本音だけれど。

実際に、販売に先駆けての新デザインを手にとって見せていただき、
「こんなに素敵なアイテムならば、シーズン始めに定価で買って、
 秋冬まるまるガッツリ使いまわすのが、1番お得なんだろうなー」
・・・と、そう思えた。

ステンカラーコート
 

人間ってやつは、良い「衣装」を着ていると、気分も華やぎ自信も持てる。
気の使わないお安い服は、家着で使うことにして・・・
人前に出る際には、上質でカッコイイ服♪ それが理想。


 でもって、ニューヨーカーの服であれば、キレイなうちに手放せば、
ZOZO買取あたりでお高く買っていただけそうだし♪
ブランディアだったら、ちょっとくらいヘタっていても売れちゃいそうだし。

ただ「着てオシマイ」・・・とならないところが、高品質・人気ブランドの良い所~
そんな邪な考えが、ちらりと(いえ、ドッカリと?)浮かんだワタシであった!!

(2014.09現在で調べてみました。
ブランディア買取状況:コート・ダウンコート・ジャケット・ジャージ・ダウンジャケット・ブルゾン・
ダウンベスト ・メンズスーツ・メンズセットアップは買取可。 トップス、ボトムスは買取不可
ZOZO買取状況:NEWYORKER BY KEITA MARUYAMAのみ対象)

 

最後の最後に↑こんな話で恐縮だけど。【NEWYORKER BLUE】プレスルーム取材のレポは、
姉妹サイトでおまとめするので、よろしかったら、そちらもどうぞ!!

NYブルー 特集2014.秋冬
 

 

 

この記事を書いた人

きりまる東京在住/S40年生/主婦/さそり座
夫(S39年生・仕事柄、葬儀と果物には詳しい。趣味はゴルフと酒と車。 
  上質を好むが、仕舞い込むタイプ。 悩みは薄毛。)
長男(H5年生:この春めでたく社会人デビュー♪ 趣味は剣道。
    サッカー香川さんにクリソツ。 やさしい。) 身長167センチ・痩せ型
次男(H7年生:大学生3年生・理系男子でサークルはテニス。
    兄貴より背が高い。ガタイも良いので、着映えするタイプ。)

そんな我が家の男たちにまつわる買い物話を、レビューでお届け。
日々膨大に届くECサイトのメルマガから、メンズ関連の情報もできるだけ掲載・・・