ブーツ・デッキシューズといったフットウェアから、アウター・トップス等の
機能的ウェアで人気の【Timberland Online Shop
(ティンバーランド オンラインショップ)】さんから、
すっごいボートシューズをいただいた!

[MEN’S]ティンバーランド® アイコン クラシック ツーアイ6506Aだ★
Timberland
 ⇒ティンバーランド

■Timberland ・・・とは?!
ティンバーランドは、アメリカ東海岸の大自然を背景に誕生した“アウトドア・ライフスタイルブランド”。
Timberland. ブランドロゴ
 

アメリカの大自然を背景に作り出されたティンバーランドの商品は、
機能的なスタイルと環境に配慮した素材を用いて作られていて、
シューズからアパレル、ギア(道具)といったスタイリングに欠かせないアイテムを展開している。

アウトドアアクティビティやレジャー、タウンユースまで、幅広いウェア・シューズを展開し、
30代を中心に、コアなファンも多いカジュアルブランドである。

公式通販ショップ
会員限定特典アリ♪

 

届いた時は↓こんな感じ。
ティンバーランド 靴 到着時
 
箱を開けて包紙をめくり、シューズを見た瞬間に、思わず「おおぉ~♪」と感嘆の声がでた。

なんて上等な靴なんだろう・・・!!

ひと目見ただけで、革質の良さ・丁寧な作り・キレイな色・・・と、良い靴であることが
よくわかった。

箱から出して眺めてみる。
さらに、手にとって前から後ろから・・・としげしげと眺めてみる。

ティンバーランドのボートシューズ
 

柔らかなプレミアムレザーを使っているというアッパーは、
しっとりと滑らかな手触りで、革の硬さは感じられない。

履きやすそうだぁ・・・

何の革だか?わからないけど、革の裏側まで柔らかく、素朴で温かみのある素敵な革質だ。

ティンバーランドのクラフトマンシップを代表する靴だそうで、職人さんによる伝統的な“手縫いのモカシン製法”にこだわって作られたシューズらしい。 (TIMBERLAND ICON Classic 2-Eye 特集ページより)

続いて、インソールに注目してみる。
Timberland. インソール
 

カカトからつま先に向けて、2/3くらいの長さでインソールにシリコン素材が使われている。
よくわからないけど、これがICON Classic 2-Eyeの商品ディティールに記載されている『クッション性に優れたPoron®フォームのレイヤー』ということだろうか?

ちなみにPoron®フォームというのは、高機能ウレタンフォームのことらしい。

このインソールは、つま先部分には入っていない。
ティンバー ディティール
 
これも、よくはわからないんだけど、「柔軟性に優れたフォアフット構造」ということだろうか?

ティンバーランドさんの商品説明(ディティール)の記載は、たぶんすっごく素敵な機能を説明されているのだろうと思うのだが、その意味がよくわからないのがちょっと残念。 (わからないのは私だけ?)

フォアフット(フォーム)というのは、ランナーがつま先から着地で走るフォームを言うらしいので・・・
ボートシューズ(デッキシューズ)でありながら、歩きやすさも抜群!・・・ということなのだろうと、ワタシなりに解釈してみた。

ついでに言えば、シューズの内側に示されていた↓この図の意味も不明なので、
そのうち調べてみたいと思う。

シールの意味


実際に足を入れてみると、インソールに切れ目があることはまるで感じない。
インソールのサイド(ヘリ)が高くなっているので、足裏がいい具合に収まって、さらにやわらかい革のアッパーが甲をしっとりと包み込む。

見るからに履き心地が良さそうな靴だと思っていたけど、実際に足を入れてみると、まんま予想どおりであるだろうことを実感できた!

そして、今度はアウトソールに注目してみる。
アウトソール
 
なんとも美しい「クリアブルー」のアウトソール。
これ程キレイカラーのアウトソールは、今までに見たことがないかも?!

一見、硬いプラ素材に見えるかもしれないけれど、「トラクション(摩擦)と耐久性に優れた半透明のラバーアウトソール」・・・ということで。 適度な弾力のあるゴム製である。

よーく見ると、そのキレイなクリアブルーのゴム底に、波状の切れ込みがあるのがお分かりいただけるだろうか?
波状の切れ込み
 
この切れ込みが、路面の水分を吸収し拡散してくれるので、グリップ性も◎らしいのだ!
*Pen Onlineより

その他、ワタシがイイナーと思ったのは、ベロ(タン)の部分の厚みと、ブルーの革紐のキレイな色味だ。
革紐とタン
 
ベロが革1枚ではなく、ポテっとした厚みを持たせてあるので、足を入れた時に、内側に入り込んでつま先の方で丸まってしまう・・・ということにはならなさそう。
靴紐は、革の質感もさることながら、アウトソールとお揃いのディープなブルーがすごくいい!!

「ティンバーランド」の定番ボートシューズの新商品。 いや、TIMBERLAND ICON Classic 2-Eye は、どうやらそれだけではないらしい。

定番ながらも、この今どきのおしゃれ感・・・ なんでも【KENTO NAGAYAMA】×【Timberland】×【BARFOUT!】ということで!  イケメン絢斗君と、雑誌バァフアウト!とのコラボシューズみたいなのだ!

絢斗君の特集ページを拝見すると↑若い男性にも、とても良く似合うシューズであるというのがわかる。
上質ゆえに大人の男の靴であるような印象を持っていたブランドだけど、若いうちから「良い物を身につける」というのもいいなーと、そう思った。

上質デッキシューズ
 

そういえばTimberlandさんは、公式HPで↓こんなようなことを言っている。

・・・何を身に着けているかで大きな違いが生まれる。
素敵なものを着れば、気分も良くなり、より満ち足りたひとときが過ごせる。・・・


シューズにしても、ウェアにしても。
確かに、上質でデザインの良いものを身に付ければ、自然と気分も華やぐし、自信を持って行動できるというのは、誰でも経験があることだろう。

・・・ということで。
長くなってしまったけれど、次の記事では、大学生デビューした息子が「TIMBERLAND ICON Classic 2-Eye」を履いたところをご紹介♪ ぜひ、続きも見てやっていただけるとありがたい~

 ⇒「ティンバーランドアイコン クラシック 2アイ」35周年の伝統+今年のトレンド★履いてみたトコ♪
 

★「ティンバーランドオンラインショップ」公式サイトはこちらから

 ⇒ティンバーランド
ティンバーランド 公式オンラインショップ
 
 

★必見★
 ⇒Timberland (ティンバーランド)オンラインショップ★お得なまとめ買いセール&全品送料無料

レビューポータル「MONO-PORTAL」  

 

この記事を書いた人

きりまる東京在住/S40年生/主婦/さそり座
夫(S39年生・仕事柄、葬儀と果物には詳しい。趣味はゴルフと酒と車。上質を好むが、仕舞い込むタイプ。 悩みは薄毛。)
長男(H5年生:社会人2年目で大田区で社宅暮らし♪ 趣味は剣道。
    サッカー香川さんにクリソツ。 やさしい。) 身長167センチ・痩せ型
次男(H7年生:大学生4年生・理系男子でサークルはテニス昨年引退。
    兄貴より背が高い。ガタイも良いので、着映えするタイプ。)

そんな我が家の男たちにまつわる買い物話を、レビューでお届け。
日々膨大に届くECサイトのメルマガから、メンズ関連の情報もできるだけ掲載・・・