鰹節・おかかご飯・ネコマンマ・・・を愛してやまない皆さんへ。
お疲れ気味の戦うメンズの皆さんへ。
ぜひご賞味いただきたい逸品「とろける幻の高級ふりかけ「口どけ」をどうぞ~♪

口どけ
 

こちら↑の缶は。。。
中身は“ふわっ”っととろけて、口いっぱいに広がる極上の旨味をもつ
「幻のとろけるふりかけ“口どけ”」である。

缶の中身は↓こんな感じ。
口どけ アップ
 

  • 鰹節全体でたった1%という極上部分を使って、
  • 市販品の5倍も熟成させた鰹節につくりあげて、
  • 熟練の職人が、極薄0.01mmに削って・・・
  • 無添加・国産品の秘伝のたれを使って、受注生産で手作り。

 

そんなこだわりと手間暇かけた“愛情たっぷりのふりかけ”なので、そのお値段は
ナント、2缶で1万円(税抜)!!
かなりラクジュアリーなふりかけなのだ♪

高級ふりかけ「口どけ」をお皿に取ると↓こんな感じ。
思わず舌鼓 口どけ お皿に

 
うすーーーーく削った鰹節に味付けがされているので、若干サクサク感がプラスされた感じ。

サラサラサラ~とご飯にのせたら、あとはもう、なにもいらない。
思わず舌鼓 口どけ ご飯にのせて

 
口に入れると、ほんのり甘くて・・・
鰹節のやさしくも懐かしいような味わいが、ふわ~と
広がってくる。
口どけ お味
 
小林食品さんが目指したのは↓こちらだそう。
とろける味わい
 
ふわふわととろける口どけを生み出す鰹節のふりかけ。
日本の伝統的な食材を活かした美味しさへのこだわり。

「とろける食感」と聞いて、なんとなくアイスクリームや生クリームのような食感を想像したが、
そういった「とろける」感とはちょっと違って、「軽くてやわらかい」といった口当たりの良さを強く感じた。

今までの「鰹節」の食感とはだいぶ違う。
水分を含んだ際の“硬い繊維のような歯ざわり”は全くないし、魚臭さもない。

なるほど「とろける口どけ」とはこういうことか・・・そう思った。

ちなみに、1缶30g はおよそ20食分になるのだそう。
てことは、1食250円程度・・・という計算になる。

高級具材のおにぎりは200円近いものもあるので、そう考えれば、
2缶1万円も、まあ、ありえない価格ではないと思う。

中には「1缶5000円出すならもっと違う高級食材の方が・・・」とおっしゃる方もいると思うが、
素朴な味わいのふりかけをお探しの方、おかか好きな方、話題の商品でギフトを贈りたい方は、
ぜひどうぞ♪


 

業務用のだし・鰹節専門会社「小林食品」さんの作るふりかけ「口どけ」

“ふわっ”っととろけて、口いっぱいに広がる極上の旨味・・・の「口どけ」ふりかけを作っているのは、
静岡県焼津市の業務用のだし・鰹節専門会社「小林食品」さんだ。

HPを拝見すると、その業務内容は
業務用花かつお ふりかけ原料製造 だし・鰹節に関する商品開発 加工食材の開発」と
書いてある。つまり“だし・鰹節”のプロである。

さらにその取引先会社さんを拝見してみると・・・

 
めんつゆ・給食・ふりかけ・そば・うどん・佃煮・お好み焼き・たこやき。
花かつお・醤油・醸造・惣菜・味噌・珍味・調味料・卵焼き・茶碗蒸し

 

・・・、なんか、すごいな。
鰹節を必要としているメーカーさんが、全国的にズラ~ーーーっと並んでいて、
だし業界では、かなり有名な会社さんらしい。

その会社の社長さまが、ふりかけ通販「思わず舌鼓」のサイトの動画の中で、
「鰹節でちゃんとダシがとれるよ!という日本人で日本をいっぱいにしたい」・・・と
その思いを語っておられる。

動画を見ながら「あちゃ~ぁ・・・」とワタシは耳が痛かった。
自慢じゃないけど、ワタシはアラフィフにもなるというのに、恥ずかしながら
「正しいダシの取り方」を覚えていないのだ。
学生の頃、家庭家の授業で学んだ記憶はあるのだが、その後ほとんど実行することがなかったので、
たぶん、今は「知らない」・・・といった方がいいかもしれない。

お味噌汁は毎日作るが、大抵使うのは「ダシ入り味噌」で、例え入れても顆粒ダシ。

たまに昆布でダシを取ることがあったとしても、鰹節で取ることはめったにない。
取る場合はパックの削り節を使うので、そのまま鰹節ごと食べてしまうため、
正しいダシの取り方とはとても言えないのである。

確かキッチンのどこかに「鰹節削り器?」はあったと思うが、薄く、美味しそうに削ることができないので、
使わない・・・てか、使えない。
不器用な人が慣れないナイフで鉛筆を削った時のような「かけら」となってしまうからだ。

また、社長様は動画内で「お味噌汁を飲んで、ふぅ・・・と思うような、
日本食の温かさ=心が落ち着く、安心感のようなものを大事にしたい」
ともおっしゃっておられるが、
高級ふりかけ「口どけ」を温かいご飯にのせて、口に入れた時に感じる美味しさや、
優しくて懐かしいような味わいは、そんな日本食の温かさに通じているんだな~とそう思った。

最近、プチ贅沢なるブームがあって、食べて・使って「幸せを感じることができるような、
高額だけど良い商品」の人気が高まっている
という話を聞いたが、
このとろける幻の高級ふりかけ「口どけ」』も、そうした究極のグルメの1つであろう。

そういえば。
あえてふりかけレビューを「男物(Men’s)の買い物もの」サイトに掲載しようと思った訳は、
この高級ふりかけが、お酒の後や飲んだ翌朝、疲れて食欲のないような日に
合うのではないか?と思った
から。

女のプチ贅沢はとかく甘いものに走りがちだけど、男のプチ贅沢なら「ホッ・・・とする」
こうした商品を選んで欲しいと思った
から。

現役バリバリのお父さんにもいいけど、ご年配のロマンスグレーな紳士や、
入れ歯使用のおじいちゃんにも、ぜひ召し上がっていただきたい!!

☆2缶で1万円のふりかけ!勿体ないので、無駄にたくさんかけないでください!な動画☆



 
楽天直営サイトは↓コチラ
1万円の高級ふりかけがお陰様で累計販売数100000食突破!”ふわっ”ととろけて口いっぱいに広が…
 
関連記事はこちら
 ⇒「おかか」好きなアナタへ☆かつお節のプロが作った2缶で1万円の高級ふりかけ!~思わず舌鼓『口どけ』~
 

 
レビューポータル「MONO-PORTAL」

 

 

この記事を書いた人

きりまる東京在住/S40年生/主婦/さそり座
夫(S39年生・仕事柄、葬儀と果物には詳しい。趣味はゴルフと酒と車。 
  上質を好むが、仕舞い込むタイプ。 悩みは薄毛。)
長男(H5年生:この春めでたく社会人デビュー♪ 趣味は剣道。
    サッカー香川さんにクリソツ。 やさしい。) 身長167センチ・痩せ型
次男(H7年生:大学生3年生・理系男子でサークルはテニス。
    兄貴より背が高い。ガタイも良いので、着映えするタイプ。)

そんな我が家の男たちにまつわる買い物話を、レビューでお届け。
日々膨大に届くECサイトのメルマガから、メンズ関連の情報もできるだけ掲載・・・