楽天koboの電子書籍と、電子書籍リーダー「kobo gro]について

電子書籍リーダー「kobo gro」を購入したので、商品が届いた際に初めて使った時の様子と、
実際にしばらくKobo gloを使ってみての使い勝手についてご紹介させていただく♪

楽天kobo glo

*本記事使用の電子書籍リーダーは、先日参加させていただいた 「楽天kobo 電子書籍体験セミナー」にて、
電子書籍リーダーKobo&コンテンツ用のクーポンを
モニター用に頂戴して購入しています。

 

4色あるうち、どのカラーのkobo gloを選ぼうか?!と、本好きな長男(大学生)と相談をして、
「なんとなくカッコイイ・・・から♪」という理由で、黒に決定~

kobo glo

 

 

届いたkobo gloは↓こんな感じだ。

kobo glo 箱

思いのほか高級感のある“小綺麗な箱”に入って届いた。

 

箱裏に掲載された仕様は↓こんな感じ。

kobo 仕様

さすが、もとはカナダ発の企業koboである。グローバル感が漂うパッケージ裏に「おお♪」と思った。

 

「kobo glo」の1番の良いところは、やはりフロントライトが内蔵されているということだろう。

kobo ライト

ライトについては、しっかりクローズアップされていたので、やっぱりね・・・という感じ。

 

セットアップは、付属のUSBケーブルでPCにつないでも、wi-Fi利用でkobo gloから行っても
OKなのだそう。このあたりの説明は、ユーザーズガイドを見ればよくわかるので、
デジタル機器が苦手な人でも大丈夫であると思う!

kobo glo セットアップ

 

初期設定の際、絶対に必要なのは『楽天会員IDとパスワード』である。
なので、持っていない場合は、あらかじめ取っておかないと設定が先に進まない。

 

楽天会員の規約によれば・・・

スーパーポイント利用規約
第4条(ポイントの合算および複数登録の禁止)・・・より

1.会員は、保有するポイントを他の会員に譲渡または質入れしたり、会員間でポイント
を共有したりすることはできません。

2.一人の会員が複数の会員登録をしている場合、会員はそれぞれの会員登録において保
有するポイントを合算することはできません。

 

・・・とあるので、もともと楽天会員IDを持っていない場合は新規登録しないといけないが、
所有しているのであれば、従来使用のIDを使うのが良いと思う。

それによって、保有の楽天ポイントを使用して電子書籍の購入が可能だし、
電子書籍を買うことでもポイント加算をすることができる。

また、クレジットカードの登録済みであれば、手間なくカンタンに電子書籍を
購入できるというメリットがある。

 

ユーザーズガイドで操作を見る

 

付属のユーザーズガイドには、基本的な操作の仕方が紹介されている。

 

  • ページをめくる。

ページをめくる

 

  • 文字の種類を選ぶ・サイズを選ぶ。

文字の種類

文字のサイズ

 

どれも、簡単な動作であるが、とても丁寧に書かれているのが親切な印象だった。

 

kobo glo クイックツアーでさらに知る

 

初めてkobo gloを使う際には、クイックツアーなるオープニングレクチャーの画面が表示される。
クイックツアーでは、ガイドには書かれていない内容も教えてくれるので、ここは飛ばさずに
ざっとでいいから目を通そう!

 

  • 電子書籍で単語を調べる。

単語を調べる

長押し

長押しをして、任意の場所に線を引くのが、意外と難しいのだが。
辞書で意味を調べる以外にも、マーカーをひいたり、翻訳したり、
コメントをつけたり、検索したり、フェイスブックに共有したり・・・といったこともできる。

 

 

  • 電源とスリープモードについて

電源
koboスリープモード

koboの電源OFF&スリープモード時の画面は、表示が消えない。
勝手にアイキャッチ画像的画面に切り替わって、画面が出たままOFFになるので、
慣れないとちょっと落ち着かない。初めは「あれ?」と、戸惑うかも?!

 

 

  • メニュー・アイコン表示の案内

メニュー

 

アイコンを見れば大体の予想はつくけど。
始めに知っておけば、後がスムーズなので、きちんと見ておくと良いと思う。

 

  • ライトのON/OFFについて

ライト使い方

しばらく使ってみて、ライトはつけた方が読みやすいことが判明。
せっかくフロントライト付きのkobo gloなので、ぜひ使ってみて欲しい!

 

—————☆————————————-

これだけ最初にレクチャーされれば、誰でも問題なく使いこなせるだろうと思う。

 

他にも、しおりを挟んでみたり、バッジなるものを集めてみたり、読書の合間にゲームをしたり・・・
といった便利&お楽しみ機能が、備わっていたりもするのだが。

 

後は使っているうちに、自分なりの使い方が身についてくるだろうし、
とりあえず本を買って読む・・・ということができれば当面は問題なし・・・であろうと思うので~
書かれていないところは、実際に使って覚えるべし。

 

ちなみに、Kobo gloの内蔵メモリ容量や、充電電池の持続時間
以下の通りだ。

内蔵メモリなど

使用可能なメモリ領域は約1GBだが、別売りのメモリーカードで32GBまで
増設が可能。充電は、最大で約3万ページ分のページめくりができるというのだから、スバラシイ!

 

コチラ↓は、ウチの大学生長男の鞄の中だが。

kobo バッグIN

 

マイクロSDカードを入れてなくても、テキストベースなら1000冊もの本が、
こんなに小さな端末器で持ち運べてしまうのだから、本が好きな人には
たまらなく便利であるらしい。
実際、荷物が多い彼は「軽くて小さい♪」ということをとても喜んでいた。

 

・・・とここまでが、購入したkobo gloを初めて使ってみた際の様子である。
長くなってしまったので、続きはコチラへどうぞ~

電子書籍リーダー「kobo gro」で買った書籍を読んでみた!

 
楽天kobo 電子書籍とkobo glo:まとめ
 

 

 

 

レビューポータル「MONO-PORTAL」   お役立ちな商品レビューが満載 リンクシェア・チャンネル

 

この記事を書いた人

きりまる東京在住/S40年生/主婦/さそり座
夫(S39年生・仕事柄、葬儀と果物には詳しい。趣味はゴルフと酒と車。上質を好むが、仕舞い込むタイプ。 悩みは薄毛。)
長男(H5年生:社会人2年目で大田区で社宅暮らし♪ 趣味は剣道。
    サッカー香川さんにクリソツ。 やさしい。) 身長167センチ・痩せ型
次男(H7年生:大学生4年生・理系男子でサークルはテニス昨年引退。
    兄貴より背が高い。ガタイも良いので、着映えするタイプ。)

そんな我が家の男たちにまつわる買い物話を、レビューでお届け。
日々膨大に届くECサイトのメルマガから、メンズ関連の情報もできるだけ掲載・・・