『ココマイスター』さんから頂いた「マルティーニ・クラブウォレット(旧タイプ)」

熟練の職人さんが欧州の最高級皮革を使って作る“ジャパン・ブランド”
『ココマイスター』さんから、すっごい財布をいただいた。

イタリアの伝統製法(バケッタ製法)で作られたオイルドレザー
「ミネルバボックス」を全面的に使用しているマルティーニシリーズのクラブウォレットだ。

 

なんでも、小銭入れにマチを付けるといったディテールの変更があったということで。
旧モデルをレビュー用にご提供くださったのだ。 なんという太っ腹な「ココマイスター」さん!!

 

一体全体、小銭入れがどう変わったのか?というと↓こんな感じ。

ビフォー(ディティール変更前のタイプ)
マルティーニ ビフォー
アフター(仕様変更後・現在のタイプ)


 

お分かりだろうか?
小銭いれにマチが入ったことで、ファスナーを開いた際に中が見やすく、
小銭が取り出しやすくなったのだ。

とはいえ、旧モデルだって不都合なんかは全然ないので~
ワタシ的には、大喜びである♪

なんせ5月(誕生日)に、長男から「お財布欲しい・・・」と言われていたのに、
ずっとそのまま買わずにノビノビになっていることが、ずっと気になっていたのだから。
なので頂戴した財布は、ありがたく彼へ横流し・・・。

ちなみに「新しい財布が欲しい・・・」と切望していた長男の財布は↓こんな感じなのであった。
レノマの財布
 

なんだ・・・まだ、使えるじゃん・・・という気もするけど~
革の色がハゲてしまって、くたびれた感じに見えるのが嫌なのだそう。

まあね。 
オトコたるもの、財布は「本物志向」で上質なものを持っている方がカッコいいよね。
どんなにオシャレにキメていても、ヨレヨレの疲れた財布じゃあ残念な感じだもの。

ということで。
「この財布はね、大事に使えば一生モノ・・・と誉れ高い人気店の財布なんだよ!」と、
長男相手にしつこくうんちくを語ってから、遅すぎる誕生日プレゼントとさせていただいた。

新しく入れ替えた財布は、本記事の文末にてどうぞ。

 

区切り線
 

使い込むほどに光沢を増し色味が深まるミネルバボックス
マルティーニ・クラブウォレット(長財布)

ここで、ココマイスターさんの「マルティーニ」について、ワタシなりのご紹介をさせていただく♪

マルティーニとは
 

「マルティーニ」とは、イタリアの伝統的な製法で作られた極上の「皮革」の名称である。

マルティーニとは2
 

この革を作っているのは、「CONCERIA CARRO BADARASSI(バダラッシ・カルロ社)」という
イタリアの老舗タンナーなのだそう。

タンナーとは、皮革製造業者(なめし革工場)のことを言うらしい。
食用の牛からとった皮を、なめして「革」へと加工するのだ。

「ミネルバボックス」というのは、革の名前。
牛革を植物タンニン(渋)でなめし、オイルをゆっくり時間をかけて染み込ませるという
伝統的な「バケッタ製法」によって作られた革であり、革好きの中でも評価が高い皮革・・・とのこと。

同様に、バダラッシ・カルロ社のバケッタ製法で作られる革で「マットーネ」というシリーズもあるが、
なんでも最終工程に違いがあって、マルティーニの「ミネルバボックス」はマットな仕上がりであるのに対し、
「マットーネ」は艶のある光沢感が特徴的な革となっているらしい。

そのあたり、詳しくは【ココマイスター】 マルティーニの商品ページ&基礎知識でどうぞ。

 
 

ミネルバボックスを、外装だけでなく内装にも・・・というのは↓こういうことだ。
内と外にミネルバボックス
 

例えば、ココマイスターさんの売れ筋商品の1種である「ブライドルレザー」なんかだと、
こんな風に内と外がはっきり違っているのだ~
ブライドルレザー
 

どっちがスキか?は、好みの問題だと思うけれど。
マットなミネルバボックスだからこそ、内装に使用しても、違和感を感じずに仕上がるのだそうだ。

ただし、カード段裏などの、正面から見えない部分に関しては、ヌメ革を同色着色して使用しているそうだ。
ヌメ革は、イタリアの高級牛革であるブッテーロが使用されているとのこと。
ブッテーロ
 

派手すぎない表情をもつミネルバボックスは、内装としても優秀!!・・・ということである。

  • クッタリとした風合い
  • 素朴ながらも品があり、味を感じる表情
  • 適度なシボ感により得られる革製品としての見た目の美しさ、優しい手触り

 

『どれを取っても革本来の風合いを存分に楽しめる皮革』。。。と、ココマイスターさん。

内も外も。生地は一切使用せず、総革仕様のマルティーニ。
使い込むうちに、しっとりと・くったりとやわらかに手になじみ、
深い色艶へとオリジナルの変色を遂げていくという。

日々財布を手にすることで徐々に自分の色になっていくという「経年変化の愉しみ」は、
イタリアの伝統皮革と、日本の匠の技の賜物である。

 
区切り線
 

【ココマイスター】マルティーニ・クラブウォレットに
財布の中身を入れ替えてみた

長男もココマイスターさんのカタログを一読し、素材とつくりにこだわった高級皮革製品専門店である
ということを理解してもらったところで、早速財布の中身を入れ替えてみた。

財布の入れ替え
 

むーーーーん・・・・パンパン!!
「アンタ、男のくせに、お金以外のモノが多くない?! 主婦じゃないんだからさー!!」

だって、男の財布がパンパカパンで、ファスナーが歪んでいるなんて、なんだかちょっとカッコ悪すぎ。

男の財布
 

「いらない物は、出しなさいよ!!」

・・・てな訳で、ちょっとスッキリしたところが↓コチラ。
マルティーニ財布
 

これなら、シュッ・・・・とファスナーもスムーズに開閉できるし、見た目もいいし。
なにより、本人だって使いやすい財布になったはずである。

現在長男は、大学3年生(21歳)なのだけど。

この際「財布は新しい方が良い」なんて風水的考えは置いておいて・・・
上質を愛でる「大人のオトコ」を目指してもらおう。

彼が社会人になる頃には。。。
マルティーニ・クラブウォレットは、きっと。
今よりもずっと、味わい深い財布に育っているはずである。




 

 
 

 

この記事を書いた人

きりまる東京在住/S40年生/主婦/さそり座
夫(S39年生・仕事柄、葬儀と果物には詳しい。趣味はゴルフと酒と車。上質を好むが、仕舞い込むタイプ。 悩みは薄毛。)
長男(H5年生:社会人2年目で大田区で社宅暮らし♪ 趣味は剣道。
    サッカー香川さんにクリソツ。 やさしい。) 身長167センチ・痩せ型
次男(H7年生:大学生4年生・理系男子でサークルはテニス昨年引退。
    兄貴より背が高い。ガタイも良いので、着映えするタイプ。)

そんな我が家の男たちにまつわる買い物話を、レビューでお届け。
日々膨大に届くECサイトのメルマガから、メンズ関連の情報もできるだけ掲載・・・