CosupaDirectさんから「USBメモリー型 8GB 超小型 IC ボイス レコーダー」をレビュー用にいただいたので使ってみた!

コスパ ボイスレコーダー

前々から、イベント取材時の備忘録用にサクっと使えるICレコーダーが欲しいと思ってはいたんだけど。 まさか、これが録音機だなんて、びっくりだ!! 言われければ、レコーダーだなんてわかんないよね?!

さて、その性能はどんなもんじゃろの~?と、実際に友人との会話を録ってみたので動画もどうぞ!

操作方法はいたってシンプル! ON/OFF のスイッチだけ~

COSUPA 超小型 IC ボイス レコーダーの外箱&マニュアルは↓こんな感じ。

IC ボイス レコーダー

見えないよね? ボイスレコーダーには! キャップを外してみても、UEBメモリーにしか見えないんだよー!

ボイスレコーダー

「これ、どうやって使うんだろう?」と付属のマニュアルを開いてみると、側面のスイッチをスライドさせるだけだと書いてある。 それだけで、192Kbpsのクリアな録音が可能だという。

ボイスレコーダー 使い方

「スイッチ?」 これか、これのことだねー?

レコーダーswitch

とりあえず、使用前には充電しろと書いてあるので、充電することに。 PCのUSBにつないでもOKとのことだけど、ワタシのPC、USB口がいっぱい(いろいろ使ってて)なので、アンカーの充電器で充電をしてみた。

レコーダーの充電

「充電完了はどうやって判断するのかな?」とマニュアルを見てみると、充電中は赤色点滅。 フル充電で青色点灯になるとのこと。

ボイスレコーダー 充電ライト

ただし、録音中にPCのUSBにさし込んじゃうと、録音ファイルが消失しちゃうことがあるそうなので注意が必要。 じゃあ、アンカーにさしっぱで録音スイッチをONにしたらどうだろう?とやってみたら、どうやらさしっぱで録音はできないみたい? PCにつないでフォルダを確認したところ、ファイルが存在していなかったので、ちゃんと外して使いませう。

 

COSUPA 超小型 IC ボイス レコーダーを使ってみた。

まずは、友人にタロット占いをしてもらった際に使用。 彼女とワタシの会話を録音してみた。

占い

場所的には、ファミレスのような感じの飲食店で、ランチにはちょっとだけ早い11時過ぎという時間だ。 店内のBGMが入ってしまっていたので、曲がわからないところをほんの少し動画にしたので、どのくらいの音声なのか?と気になる方はぜひどうぞ。

■USBフラッシュボイスレコーダー!会議・授業・インタビュー・プレゼン等に

■きりまるのYouTubeチャンネルは、こちらからぞ♪ 

その後、とあるメイクセミナーの会場でも試し録りをさせていただいたけど、どうしても近い方の音が優先して入ってしまう。 なので、テーブルに付いてくださった先生の声はしっかりと入っていたけど、会場の奥でマイクを使って話している司会者さんの声は、ちょっとこもってしまう感じだった。

話をする方の話し方や声のトーンも関係するとは思うんだけど。  MCさんのお話は、ちょっと聞き取れない箇所もあったので、ざわついた広い会場で使用するなら、あらかじめ許可をいただいて登壇者さんの近くにレコーダーを置かせてもらった方が良いと思った。

対面での会話や少人数規模の会議室のような場所なら、問題なく声を拾ってくれそう。 どうしてもメモが間に合わなさそうな場面で、会話の記録をするには重宝しそうなレコーダーであると思う。

COSUPA 超小型 IC ボイス レコーダー データの取り込み

COSUPA 超小型 IC ボイス レコーダーで録音した音声データの取り込みは、PCのUSB口にさし込めばそれでOK。 USB2.0対応で高速転送可能とのこと。

USB

メディアを開くと↓こんな感じで、RECORDとSettimeのフォルダができている。 ちなみに、It.is.Ok(1)・Walking In The Sun(1)というmp3のファイルはサンプルミュージックだったので、不要なら削除しちゃっていいと思う。

RECORDフォルダを開いてみると、VOICEというフォルダがあって、その中にWAVのファイルが二つ。 1つはタロット占いで、もう1つがメイクアップセミナーのものだった。

ボイスファイル

2つ合わせて、2時間近く録ってあるのに、メディアの残りが全然減っていないのにびっくり仰天!

メディア空き

さすが、最大録音時間が96時間もあるだけあるな。 ちなみに、最大ファイル数は199というから、まめにON/OFFをしてファイルを保存しておくのがオススメ。 スイッチを“OFF”にすると、録音が自動的に保存されるしくみとなっているそうなので~

COSUPA 超小型 IC ボイス レコーダーの時間設定。

ワタシはこれを、最初に使う前にやらなかったのだけど。

ボイス レコーダーをPCにつないでフォルダを開くと、Settimeのフォルダがあるのでそこで「時間の同調」をさせることができる。

時間の同調

後でファイルを使用する際に、そのファイルがなんのファイルか? 日時である程度判断できると思うので、最初にやっておく方が良いと思う。

更新日時が表示されても、プロパティの「作成日時」で確認できる。 ちなみに、なにもしないで録音しちゃったファイルのデータは2014.03.18になっていた。

COSUPA 超小型 IC ボイス レコーダーの再生

COSUPA 超小型 IC ボイス レコーダーの音声再生は、右クリック⇒メディアプレイヤーの再生でも可能だけど。

メディアプレイヤー

再生はWAV、MP3、WMAフォーマット形式対応ということなので、ワタシは動画編集ソフトを使用している

大事なとこだけ切り取ってつないでから保存しておけば、のちのちチェックするときに便利と思う。

とりえず、PCにつないだ時点で、マスターはファイルの保存はしてから作業しよう!

COSUPA 超小型 IC ボイス レコーダー使ってみての感想

■良いと思ったこと。

  • ON/OFFスイッチを入れるだけなので、録音開始がスムーズ。とっさの録音がしやすい
  • 長時間の録音が可能なので、メディアの残量を気にせずに録れる。
  • ぱっと見で録音機とわからないので、相手にプレッシャーを与えない為、音声データでのテープおこし用に便利。
  • 再生した際に、音質がキレイ。 よく声を拾う。
  • 小さくてかさばらないので、鞄に入れっぱなしにできる
  • スマホ用の充電器が使えるので便利。

■残念だったこと

  • キャップが本体のお尻にハマらない。紐などが付かないので、失くしてしまいそう。
  • 録ったその場で、ちゃんと録れているのか?再生確認できない。(PCあれば別だけど)
  • 録音中に本体を動かすと、雑音が結構入る。

使い慣れないうちは「これ、ちゃんと録れているのかしら?」と確認できないことが不安ではあるんだけれど、数回使うと気にならなくなってくる。 ただし、家に帰ってPCにつないでみたらファイルがなかった!というアクシデントは、そのうちありそう。

Amazonの商品ページには、【多目的な用途】として、会議・盗聴・資格試験・授業・法的証言・インタビュー・プレゼンテーション・セクハラ対策などさまざまな用途があると書かれている。

「盗聴ってのはどうなの?」とは思うけど、めっちゃさりげなく録音できちゃうので、相手に緊張させずに会話を録らせていただくには最適なのかも。 ただし、録音時のマナーはきちんと守って使いましょう。

COSUPA 超小型 IC ボイス レコーダーの仕様

製品名
USBフラッシュボイスレコーダー
メモリー容量8GB
(使用可能領域7.4 GB)
最大録音時間
最大再生時間
96時間
10時間連続再生
最大保存ファイル数199
録音フォーマット形式WAV
録音ブットレート192Kbps
周波数24Hz
録音時電量6mA
最大出力左右各9mW
32ohm
内臓マイク無指向性
コンデンサーマイクロフォン
S/N90db
電源リチウム電池(120mA)
定格電力3.6V-4.2V
USB入力定格電力
電源
5V/300mAh-5V/1000mAh
チップセットオリジナル
動作適温-15℃-60℃
重量約11.5g
寸法66mmX21nnX9mm
充電最大可道時間録音16時間
再生10時間
その他特徴・再生 
WAV、MP3、WMAフォーマット形式対応

・バッテリー残量少で、自動節約機能へ

・USB2.0対応

・フラッシュドライブとして使用も可

・Windows 2000 / XP / Vista / 7 / 8 / 10 対応

・一年間の安心保証

■COSUPA USBフラッシュボイスレコーダーの詳細はAmazonでどうぞ

COSUPA 超小型 IC ボイス レコーダー / 録音機 【日本語取扱説明書付き】

 

この記事を書いた人

きりまる東京在住/S40年生/主婦/さそり座
夫(S39年生・仕事柄、葬儀と果物には詳しい。趣味はゴルフと酒と車。 
  上質を好むが、仕舞い込むタイプ。 悩みは薄毛。)
長男(H5年生:この春めでたく社会人デビュー♪ 趣味は剣道。
    サッカー香川さんにクリソツ。 やさしい。) 身長167センチ・痩せ型
次男(H7年生:大学生3年生・理系男子でサークルはテニス。
    兄貴より背が高い。ガタイも良いので、着映えするタイプ。)

そんな我が家の男たちにまつわる買い物話を、レビューでお届け。
日々膨大に届くECサイトのメルマガから、メンズ関連の情報もできるだけ掲載・・・